自死に向きあう関西僧侶の会

いのちの日いのちの時間

自死者追悼法要

追悼法要中止についての、当会からのメッセージ

自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間 関西」は中止となりましたが、法要に対する皆さまのお気持ちを大切に受け止めて、次のような形で法要をお勤めいたします。

12月10日午前11時30分より、代表の木村が自坊にて追悼法要を勤め、大切な方々お名前の読み上げを執り行います。また、代表のみならず、当会会員僧侶も、それぞれ自坊においてお勤めいたします。
ご遺族の皆様も、それぞれの場所にて手を合わせ、亡くなった大切な方に想いを馳せる一日にしたいと思います。


木村が自坊で勤めた法要をダイジェスト動画にて公開しています(12分程度)。


御尊名録お焚き上げの様子



会員がそれぞれの自坊で思いをともにしながら、お勤めいたしました。

大切な方を自死で亡くされ、哀しい思いをされていることでしょう。あるいは、ご自身を責め、苦しみを胸に抱えこまれている方もあるかもしれません。世間の心無い言葉や態度に辛く悔しい思いをしたことがあるのではないでしょうか。そのような経験をされた方々に、自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間 関西」をご案内いたします。
大切な方と自死というかたちでお別れなさった経験をもつ方々にお集まりいただき、仏さまの前に座って、安心して大切な方とのつながりを感じていただく時間を過ごしていただきたいと思っています。 ご都合がよろしければ、どうぞお参り下さい。

今年の法要は12月10日、四天王寺にてお勤めします。コロナ対策で、お参りいただける人数が限られるため、例年とは内容、時間を変更して行います。詳細が決まり次第、こちらでお知らせいたします。

2018年12月6日、69人のご遺族とともに、法要を勤めることができました。お力添えいただいた皆様に心より感謝申し上げます。
2019年も12月上旬に四天王寺で法要を行う予定です。詳しい日時は秋ごろにお知らせいたします。

/* */

令和2年 法要のご案内

お申込みいただいた方には、当会から確認のご連絡をさせていただいております。連絡がない場合は、メールにてお問い合わせください (迷惑メールに振り分けられているケースがありますので、まずはそちらを確認ください)。
〇日時

令和2年12月10日(木)

新型コロナウイルス感染防止対策として、法要を午前と午後の2部制とし、各部に定員を設けることにいたしました。 各部のお勤め内容は同じです。

第一部(午前)

午前10時30分 受付開始
午前11時30分  各宗派僧侶による法要(雅楽・読経・念仏・回向等)
午後0時30分頃 法要終了・解散

第二部(午後)

午後1時 受付開始
午後2時 各宗派僧侶による法要(雅楽・読経・念仏・回向等)
午後3時頃 法要終了・解散
  ※一部・二部とも湯茶の接待はありません。
〇会場 四天王寺 五智光院(ごちこういん) (大阪市天王寺区四天王寺1-11-18)
  ※イス席です
  ※車いすでもお参りいただけます
〇対象 家族・親戚・恋人・友人・同僚など大切な方を自死でなくされた方
〇参加費 無料です(ご喜捨は、ありがたくお受けいたします)
〇申込 必ず事前にお申し込みください(当日参加は受け付けません)。 こちらから申し込みください。
 法要中に、故人様のお名前を読み上げ、仏さまにお伝えします。ご希望の方は、申し込みの際に故人様(俗名)のお名前を、ふりがなを添えてお知らせ下さい。当日、ご参加いただけない方も、お申し込みをいただきましたらお名前を読み上げます。
〇定員 各部40名(定員になり次第締め切ります)
〇申込締切 12月5日(土)
〇お問合せ 「自死に向きあう関西僧侶の会」事務局
メールinfo@inochinohi-kansai.com
  案内を印刷される方はこちら
交通の案内
◎地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅④出口より南へ徒歩5分
(④出口階段上に案内スタッフがいます)
◎JR・地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺」駅、近鉄「大阪阿部野橋」駅
  北へ徒歩15分
 
四天王寺境内図(クリックで拡大します)
境内図を拡大